女性(妊婦・出産)の痔

ここでは「女性と痔」について説明しています。昔は痔といえば男性がなる病気と思われていましたが、近年では男女差はほとんどなく、逆に女性のほうが本当は患者数が多いのでは?とも考えられています。では女性が痔になる原因にはどのようなことが考えられるのでしょうか?

女性(妊婦・出産)の痔一覧

女性と痔の関係
「痔といえば男性がなる病気」といわれていたのは昔の話で、いまでは痔の患者数に男女差はなく、逆に、例え痔になったとしても、病院で診察を受ける女性は男性に比べ明らかに少ないので、実際には女性のほうが痔の患者数は多いのでは?ともいわれています。
妊娠と痔
妊娠は骨盤から肛門にかかる負担が大きくなるため、妊娠が原因で痔の中でも特にいぼ痔(内痔核)になることも珍しくなく、事実、妊娠・出産を経験した女性は痔になる可能性が高いといわれています。
出産と痔
出産後は腹筋が緩むので弛緩性便秘になりやすく、また授乳する場合には体内が水分不足になりやすくなり、その結果、便が硬くなってしまい、排便する時に肛門の外壁を傷つけてしまい、切れ痔になりやすくなるのです。
生理と痔
妊娠中と同じく、「生理前」もプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌が盛んになるので便秘になりやすくなり、便秘になれば便が硬くなりやすくなりますので、排便時に肛門の外壁を傷つけやすくなり、その結果、切れ痔にもなりやすくなるのです。
 

Copyright © 2006-2017 痔の種類と治し方. All rights reserved

いぼ痔(イボ痔)と切れ痔の治療法と治し方TOP 女性(妊婦・出産)の痔