痔と間違いやすい病気

ここでは「痔と間違いやすい病気」について説明しています。自己判断で痔と判断する方が多いようですが、痔に似た症状や病気は多いので、素人が自己判断で決め付けるのはよくありません。では具体的に、痔に似た症状や病気にはどのようなものがあるのでしょうか?

痔と間違いやすい病気一覧

大腸がん・直腸ガン
痔と間違いやすい病気に「大腸がん」と「直腸ガン」があります。大腸ガンと直腸がんの初期症状として“血便”がありますが、痔の場合も血便を伴う場合があり、素人ではその違いは分かりませんので、このような症状が出た場合は早めに診察を受けましょう。
レクシトール(直腸膜壁弛緩)
レクシトール(直腸膜壁弛緩)は、便秘や出産などによって直腸と膣との隔壁の組織が弱まることにより、排便時に膨らんだ直腸が膣側にせり出してくる病気で、いぼ痔と間違われやすい、高齢の女性に多い排便障害の一つです。
潰瘍性大腸炎
潰瘍性大腸炎は、直腸に炎症が起こり、それが大腸全体に広がり、大腸の粘膜に潰瘍などが発生する病気で、血便などを伴うことが多いことから、「いぼ痔(内痔核)や大腸がん・直腸ガン」と間違われやすい病気の一つです。
膿皮症
膿皮症は、肛門周辺の皮膚の汗腺や皮脂腺に細菌が感染して炎症が起こり、化膿し、瘻孔から膿が出る病気で、痔ろう(肛門周囲膿瘍)と間違いやすい病気の一つです。
皮膚びらん
皮膚びらんは、肛門内の炎症から分泌された「膿・血液・体液」や、細菌などによって、肛門周辺の皮膚の角質層と、その下の基底膜が「ただれた」病気で、痔ろうと間違われやすい病気の一つです。
直腸脱
直腸脱は、筋肉や靱帯などの組織が緩んだために、直腸が肛門から脱出した症状で、内痔核の脱肛と間違いやすい症状ですが、まったく異なった症状です(完全に直腸が脱出した場合は脱腸と呼ばれます)。
肛門ポリープ
肛門ポリープは、直腸と肛門の境にある歯状線の上の「肛門乳頭」が炎症を起こして肥大化したもののことで、排便時に「痛み・出血・違和感」などが起こる場合がありますので痔と間違いやすい病気ですが、痔とは異なった病気です。
直腸膣瘻
直腸膣瘻は、直腸と膣の間に管(通路)ができてしまい、膣からガスや便汁が漏れてしまう病気のことで、痔ろうと間違われやすい病気の一つです。
毛巣瘻
毛巣瘻は、仙骨部が圧迫されたために、肛門周辺の毛(陰毛)が毛穴(皮膚)の中に入り込んでしまい、皮膚の内部で炎症を起こし、膿が出、瘻孔ができる病気で、痔ろう(肛門周囲膿瘍)と間違われやすい病気の一つです。
肛門がん
肛門がんは、直腸と肛門の境目である「歯状線」よりやや下の肛門側にできる「ガン(悪性腫瘍)」のことで、排便時の痛みや出血を伴うことがあるので、いぼ痔や肛門ポリープと間違われやすい病気の一つです。
 

Copyright © 2006-2017 痔の種類と治し方. All rights reserved

いぼ痔(イボ痔)と切れ痔の治療法と治し方TOP 痔と間違いやすい病気