妊娠と痔



妊娠は骨盤から肛門にかかる負担が大きくなるため、妊娠が原因での中でも特にいぼ痔内痔核)になることも珍しくなく、事実、妊娠・出産を経験した女性は痔になる可能性が高いといわれています。


ただ妊娠中に痔になったという女性の多くは、実際には妊娠前から痔をもっていたものが悪化した場合が多いようです(内痔核の初期状態は自覚症状ほとんどはないので、気付かない間に実際には痔になっていた可能性が高いのです)。


 妊娠が痔の原因になりやすい理由



妊娠の中〜後期には子宮が大きくなって、直腸や肛門の静脈を圧迫するため。

妊娠中はプロゲステロン(黄体ホルモン)の影響で便秘になりやすいため。

妊娠中(分娩時)にいきむため。


具体的には以下のような感じです。


妊娠
子宮が大きくなる
直腸・肛門を圧迫
肛門(直腸)周辺の静脈が欝血(うっ血)
静脈瘤(内痔核)ができる


また妊娠前からすでに痔であった場合は、出産時にいきむことによって、症状が悪化することもありますので、痔をもっている方は妊娠の前に適切な治療をして、完治させておくことが大切になってきます。


 妊娠中の痔の治療法



まず妊娠中は痔の手術を行うことは基本的にできませんので、生活習慣や食生活を改善したり、肛門付近を温めたりして、症状を軽減することを目的とした治療が中心となります。


この場合に治療薬を使用する場合は、必ず医師や薬剤師に処方された薬を使うようにしましょう。


またストロイドが含有された薬は、妊娠5ヶ月を過ぎた場合には使用することは問題ないといわれていますが、基本的には使用しないほうが良いでしょう。


いずれにしても自己判断で市販の薬を使用するのではなく、医師に処方された薬を使うのが安心です。



スポンサードリンク

 

Copyright © 2006-2017 痔の種類と治し方. All rights reserved