ICG併用半導体レーザー療法


の中でも特に内痔核いぼ痔(イボ痔)の1つ)に対して、近年注目を集めている手術法がこのICG併用半導体レーザー療法です。


ICG併用半導体レーザー療法の手術法や特徴は以下の通りです。


 ICG併用半導体レーザー療法の手術法



切除する痔核に、人体に無害でレーザー光線を吸収する性質がある「ICG(インシド・シアニング・グリーン)」と呼ばれる色素を注入し、そこに半導体レーザーを照射し、痔核を切除します。


また痔核の下にある肛門括約筋は、切除する痔核に注入したICGがレーザーを吸収してくれますので、影響はほとんどなく、安全です。


 ICG併用半導体レーザー療法のメリット



術後の痛みが少ない

手術中の出血が少ない

安全性が高い

改善率が高い


 ICG併用半導体レーザー療法のデメリット



日帰り手術はできず入院が必要(1週間以内)。

術後、患部が腫れることがある。

症例数が少ないため、将来どのような副作用が出るかは未知数。

外痔核には行えない。

この手術だけで内痔核が完治することは難しい(完治しなくても改善率は高いので、患者の苦痛を軽減できる可能性は高い)。



スポンサードリンク

 

Copyright © 2006-2017 痔の種類と治し方. All rights reserved