結さつ療法(輪ゴム結さつ法)


の中でも特に内痔核いぼ痔(イボ痔)の1つ)の手術としてもっとも一般的に行われているのが、この結さつ療法(輪ゴム結さつ法)です。


結さつ療法(結さつ切除法)の手術法や特徴は以下の通りです。


 結さつ療法(輪ゴム結さつ法)の手術法



結さつ療法は輪ゴムなどで痔核(イボ)の根元を縛って、痔核を壊死(細胞が死ぬこと)させて腐らせて落とす療法です。


しかしこの療法では痔核が脱落するまでに時間がかかり、痔核が脱落した後の患部はそのままにしておくので手術痕の回復が遅いので、近年では「結さつ切除法」と呼ばれる、その日のうちに痔核を切除する手術や、半閉鎖法と呼ばれる手術法も行われるようになってきます。


 結さつ療法(輪ゴム結さつ法)のメリット



手術時間が短く簡単(約15〜30分ほど)

術後の痛みが少ない

術後、すぐに通常の生活を送れるようになる


 結さつ療法(輪ゴム結さつ法)のデメリット



基本的に入院が必要となる

痔核が脱落するまでに日数がかかる(1〜2週間)

痔核が脱落する時に出血を伴うことがある

全ての痔核が取れない場合もある

全ての内痔核に有効とは限らない

手術痕の回復が遅い

手術痕が細菌などによって炎症を起こすことがある

外痔核には行えない


結紮(けっさつ)とは、糸で結ぶという意味です。



スポンサードリンク

 

Copyright © 2006-2017 痔の種類と治し方. All rights reserved

いぼ痔と切れ痔の治療法と手術TOP 痔の手術方法 結さつ療法(輪ゴム結さつ法)