大腸がん・直腸ガン



と間違いやすい病気に「大腸がん」と「直腸ガン」があります。


大腸ガンと直腸がんの初期症状として“血便”がありますが、痔の場合も血便を伴う場合があり、素人ではその違いは分かりません。


痔と思って診察を受けた所、実はがん(大腸ガン・直腸がん)だった」ということも珍しくありませんので、痔かな?と思った場合はもちろん、血便や肛門からの出血が続く場合は、早めに病院で診察を受けましょう。


また1度「痔と診断された人」の場合は、その後、血便や肛門からの出血があっても「痔が悪化したかな?」と軽く思ってしまう傾向にありますが、痔と大腸がんや直腸ガンを併発している場合もありますので、詳しい検査をしてもらいましょう。


 大腸ガンと日本人



大腸がんは一昔前までは日本人にあまり縁のない病気でしたが、近年では食生活の欧米化(高脂肪・食物繊維不足)などに伴い増加傾向にあります。


しかし「早期発見・早期治療」をすれば完治する病気なので、血便などを自己判断で痔だと決め付けず、早めに病院で「診察・検査」をしてもらいましょう



スポンサードリンク

 

Copyright © 2006-2017 痔の種類と治し方. All rights reserved