潰瘍性大腸炎



潰瘍性大腸炎は、直腸に炎症が起こり、それが大腸全体に広がり、大腸の粘膜に潰瘍などが発生する病気で、血便などを伴うことが多いことから、「いぼ痔内痔核)や大腸がん・直腸ガン」と間違われやすい病気の一つです。


潰瘍性大腸炎は日本ではまだ症例数の少ない病気ですが、原因がはっきりと分からない場合が多いことや、治療が難しいことから「厚生省特定難病疾患」の一つに認定されています。


 潰瘍性大腸炎の原因



潰瘍性大腸炎の原因はまだ不明な場合が多いのが現実ですが、以下のような原因が考えられています。


ストレス

肉体疲労

免疫力の低下

欧米型の「高タンパク・高脂肪」の食生活

遺伝


潰瘍性大腸炎は、日本ではまだそれほど症例数の多くない病気なのですが、欧米では多く診られる病気ですので、「食生活が深く関係しているのでは?」と考えられています。


 潰瘍性大腸炎の症状



血便

膿が混じった便

便通以上(慢性下痢など)

発熱

貧血

腹痛

食欲不振


潰瘍性大腸炎は30歳以下の、10代・20代の若い人に多く見られる病気です。


 潰瘍性大腸炎の治療



初期症状の場合は、食事療法と薬物療法によって治療を行うのが基本ですが、症状が悪化している場合には早急に手術が必要になってきます。



スポンサードリンク

 

Copyright © 2006-2017 痔の種類と治し方. All rights reserved