肛門がん



肛門がんは、直腸と肛門の境目である「歯状線」よりやや下の肛門側にできる「ガン(悪性腫瘍)」のことで、排便時の痛みや出血を伴うことがあるので、いぼ痔肛門ポリープと間違われやすい病気の一つです。


肛門のガンは、「肛門の内部(肛門管内)ガン」と、「肛門皮膚ガン」に分けられ、前者が「肛門管がん」で、後者がこの「肛門がん」です。


 肛門がんの原因



痔ろう

尖圭コンジローム


肛門ガンはイボ痔と間違われやすい病気ですが、もっとも大きな原因は痔ろうの治療が遅れたり、長期間放置したことだとされています。


 肛門ガンの症状



排便時の痛み

排便時の出血

太ももの付け根(そけい部)のリンパ腺の腫れ

肛門周辺の湿疹

肛門付近にイボ状のものができる


肛門ガンは日本ではまだそれほど症例数の多い病気ではないので、医師も「肛門ポリープや内痔核」などと誤診しやすく、発見が遅れやすい病気の一つです。


 肛門がんの治療



肛門ガンは、初期段階であれば腫瘍の局所切除と、放射線治療で完治することもありますが、発見や治療が少しでも遅れると、「肛門を切除し、人工肛門にしなくてはならない」場合もあります。


しかし肛門ガンは早期発見が難しい病気ですので、人工肛門が避けられない場合が多いのも現実なのです。


ですので痔に似た症状が出た場合は、自己判断で決め付けず、肛門科などの専門医で診察を受けることが大切なのです。


また肛門がんは、直腸がんを併発することもありますので、いずれにしても早期発見・早期治療が重要になってきます。



スポンサードリンク

サイト内検索

カテゴリー

SNS/ブックマーク


 

Copyright © 2006-2014 痔の種類と治し方. All rights reserved

いぼ痔と切れ痔の治療法と手術TOP 痔と間違いやすい病気 肛門がん