痔ろうの症状と特徴


の中でもっとも治療が難しいとされているのが痔ろう(あな痔)で、肛門と直腸の境目である「歯状線」のくぼみ部分(肛門腺窩)が細菌感染などによって化膿し(肛門周囲膿瘍)、その後、膿が出て肛門周囲膿瘍が治っても、膿が出た患部にトンネル状の管が残ってしまう、文字通り直腸から肛門とは別の穴(あな)ができてしまう症状です。


 痔ろうの特徴



比較的男性に多い

塗り薬や坐薬などはほとんど効果がない

基本的に完治するには手術しかない

再発しやすい

痔ろう癌や肛門管がんへ発展する場合もある

毛巣瘻膿皮症と症状が似ている


 痔ろうの症状



慢性的に肛門部に痛みを感じる

慢性的に肛門部に違和感を感じる

肛門部が腫れる

発熱を伴うことが多い

肛門部や下着が膿などで汚れやすい


痔ろうは自己判断で治療しても完治することはありませんし、ガン(痔ろう癌・肛門管癌)へ発展する危険性もありますので、「痔ろうかな?」と思ったら迷わず肛門科などの専門医で診察を受けましょう。



スポンサードリンク

 

Copyright © 2006-2017 痔の種類と治し方. All rights reserved