外痔核


外痔核(がいじかく)とは、肛門の外側(肛門側の皮膚組織)に静脈瘤(いわゆるイボ)ができるいぼ痔のことで、普通の状態でも見ることや触ることができるため、自覚症状が現れやすいことが特徴です。


 外痔核の症状と特徴



排便時だけでなく通常時でも激しい痛みを伴うことが多い

出血を伴うことは少ない

ある日突然、症状(イボ)が出ることが多い


外痔核だけで症状が現れる場合だけでなく、内痔核を長期間患っていたり、内痔核の再発を繰り返している場合にもこの外痔核の症状として現れることがあり、さらに血栓性の静脈炎(血栓性外痔核)や血腫を併発するとより激しい痛みを伴います。


 外痔核の治療法



外痔核は、基本的に治療薬(塗り薬・内服薬・坐薬)などで治療するだけで治る場合が多く、手術が必要になることはほとんどありません。



スポンサードリンク

 

Copyright © 2006-2017 痔の種類と治し方. All rights reserved