いぼ痔(イボ痔)の原因


いぼ痔(イボ痔)の原因はさまざま考えられますが、すべてに共通しているのが、直腸や肛門付近の静脈が欝血(うっ血)したために、静脈瘤(じょうみゃくりゅう)と呼ばれる“イボ状の物”ができることが大きな原因です。


 イボ痔になる原因



いきみ過ぎ

座りっぱなし(立ちっぱなし)

冷え

便秘

過度のアルコール摂取

ストレス

過労(肉体疲労)


これらのうちほとんどが「うっ血」の原因となり、このうっ血が原因で静脈瘤(じょうみゃくりゅう)と呼ばれる炎症ができてしまい、いぼ痔となってしまうのです。


こう見ると「痔」が生活習慣病だということがよく分かりますし、いぼ痔を予防するためにはこれらの生活習慣を見直し、もしもイボ痔となってしまっても、初期段階であれば、これらの生活習慣を改善するだけで症状が軽減し、治ることも珍しくありません。


またいぼ痔は比較的、高齢者に多く見られる症状なので、“老化現象”の一つともいわれています。



スポンサードリンク

 

Copyright © 2006-2017 痔の種類と治し方. All rights reserved