痔の割合



は肛門周辺、または肛門全体の病気の総称ですが、一般的には「いぼ痔切れ痔痔ろう」のことを指すことが多く、実際にこの3つの痔でほとんどを占めます。ではどの痔が多く、また男女差はあるのでしょうか?


 痔の割合



痔の割合として最も多いのは男女ともに「いぼ痔⇒約60%」で、男性の場合は次いで「痔ろう」「切れ痔」の順に多く、女性の場合は「切れ痔」「痔ろう」の順となっています。またこれら3つをまとめて「肛門の三大疾患(痔の三大疾患)」と呼ばれています。


またこれらの3つで痔(肛門疾患)の8〜9割を占めるといわれています。


 痔の男女差



少し前までは、痔は男性、特にお父さんのなる病気だというイメージが強かったのですが、近年では女性の患者数も増加し、今では男女差はほとんどないといわれています。


しかし女性の場合、恥ずかしいという思いから病院で診察を受ける人は男性に比べ少ないのは確かなので、実際には女性のほうが男性よりも患者数が多いのではともいわれています。



スポンサードリンク

 

Copyright © 2006-2017 痔の種類と治し方. All rights reserved