内痔核



内痔核(ないじかく)とは、肛門の内側に静脈瘤(いわゆるイボ状の物)ができるいぼ痔のことで、初期状態では痛みなどがほとんどないので自覚症状がなく、知らない間に症状が進行していくという特徴があり、症状を大きく分けると4段階に分類されます。


 内痔核の症状の分類



◎第一段階

排便時に出血(トイレットペーパーに血が付着している)しているが、痛みなどはほとんどなく、脱肛も見られない。


内痔核は歯状線と呼ばれる肛門と直腸の境目の内側にできるのですが、ここは自立神経が支配している場所なので痛みの神経がなく、痛みを感じにくいのです。


◎第二段階

排便時の出血に加え、痛みと脱肛を伴う場合もありますが、脱肛した場合でも自然に戻る状態。


◎第三段階

排便時の脱肛が自然に戻らなくなり、自分の手で押し込まなければ戻らなくなります。また排便時だけでなく、日常生活を送っている時でも、運動をしたり、力仕事をしてお腹に力が入った場合にも脱肛するようになります。


◎第四段階

常に脱肛している状態で、そのため粘液によって下着が汚れたりします。この段階になると出血や痛みを伴わないことが多くなり、逆に肛門周辺がかぶれたり、痒みを伴うことが多くなります。


 内痔核の治療法



第一段階、第二段階の早めの段階で治療をすれば手術をすることなく薬だけで完治することも十分可能ですが、第三段階や第四段階になると手術しなくては治らない場合もありますし、これらの脱肛はいぼ痔だけでなく、その他の病気が原因でなっている場合もありますので、いずれにしても早めに病院(肛門科)などで診察を受けることが大切になります。


 内痔核チェック!



排便に時間がかかるようになった

排便時に痛みはないが出血するようになった(トイレットペーパーや便に血が付着するようになった)

排便時に違和感がするようになった

残便感がするようになった

肛門から何か出ている


内痔核の初期段階では自覚症状はあまりありませんが、以上のような症状があると、内痔核の可能性がありますので、注意しましょう。


また便への血液の付着は、便の周りに血が付着している場合と、便自体に血が混じっている場合(どす黒い便)の2種類あり、前者の場合は内痔核の可能性が高くなりますが、後者の場合は大腸ガンや、胃十二指腸潰瘍などの可能性も考えられますので、一刻も早く病院で診察を受けましょう。



スポンサードリンク

 

Copyright © 2006-2017 痔の種類と治し方. All rights reserved