PPH法


の中でも特に内痔核いぼ痔(イボ痔)の1つ)に対して行われる比較的新しい手術法がこのPPH法です。


PPH法の手術法や特徴は以下の通りです。


 PPH法の手術法



専用の器具を肛門に挿入し、「直腸粘膜」を筒の内部に挟み、内痔核自体は切除せず、痔核の上の直腸粘膜を輪切りに切除し、切除した患部を縫い合わせ、内痔核を持ち上げて痔核への血流を防ぐことによって、痔核を小さくし、内痔核が脱出しないようにする手術法です。


 PPH法のメリット



術後の痛みが少ない

術後の出血が少ない

改善率が高い


 PPH法のデメリット



入院が必要(1週間以内)。

内痔核は基本的に残ったままなので、いつ再発するか分からない。

この手術だけで完治することは期待できない。

比較的新しい手術法なので、将来直腸などにどのような副作用が起こるかは未知数。

直腸粘膜を目分量で切除するので、切除し過ぎる場合がある(医師の技術に左右される)。



スポンサードリンク

 

Copyright © 2006-2019 痔の種類と治し方. All rights reserved